© 2017 TASUKUKOMA  |  問い合わせ info@tasukukoma.com 

  • Instagram
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon

​壊れかけの人生

 

何も聞こえない 誰も信じてくれない 

ぼくの評判むかしより 悪くなったからだろうか

バレるの恐れてた 騒ぎ始めた多数メディア

いくつものメロディを ほとんど新垣が作った

 

四十過ぎ広島から 市民賞もらう

道がひらけてきた 他人の曲なのに

隠れても逃げ場はない 押し寄せる記者たちに

本当のこと話そうかな 悩み眠れぬ日々よ

 

いつも聞こえてた なのに聞こえぬフリをした

杖とかもついてみたら 障害者手帳もらえた

新垣知っていた ぼくの弱みを握ってた

不安… 破れそうな胸 ついにあいつは裏切った

 

華やかな世間の裏 静まる闇を背に

常に悩んでいた ただただ純粋に

遠ざかる周りの人 戻れないあの頃に

本当の幸せ返してよ 失われた日々よ

 

指示書を書いていた ろくにピアノも弾けぬのに

ついに出来たよ「HIROSHIMA」 200万くらい払った

 

思春期に演劇部で 演技を学ぶ

道を探していた 汚れもないままに

もうダメだ行き場はない 押し寄せる記者たちに

本当のこと全て話すよ 手話通訳もReady Go!

 

伸びすぎた髪の毛ヒゲ サングラス 包帯 杖

全てを変えてみた 誠意みせるために

とは言うが性格まで 今更かえれない

新垣を訴えてみるよ 名誉毀損 提訴

 

遠ざかる世間の人 帰れないあの頃に

本当の幸せ教えてよ

 

もうばれたけど 神よ

​YouTube動画はこちらから